アメリカ・イギリス・ヨーロッパ各国の個人輸入・代行、海外通販を行う皆様のパートナー業務を行います。

  • TOP
  • Walmartアプリのダウンロード数がAmazonを上回る!

Walmartアプリのダウンロード数がAmazonを上回る!


Amazonを20%上回るWalmart Grocery appのダウンロード数


以前のブログでもご紹介させていただいた通り、COVID-19パンデミックの中でのオンラインショップの需要が急増しています。

特に食料品など日常生活に必要なものをオンラインで購入する人が急増しており、食料品デリバリーサービス用のアプリダウンロード数が増えているのだとか。

https://unsplash.com/photos/CT7IWRM7G5k

なかでも当社ブログで何度かご紹介させていただいている全米最大級のディスカウント小売り店Walmart(ウォルマート)が断トツで、2020年4月5日に米国ランキングNo.1となり、Amazonを20%超えるいきおいでダウンロードされています。


食料品のオンライン購入が増える


需要が高まっているのはWalmart Grocery appだけではありません。インスタカート、シップトも同様にダウンロード数が増えています。

インスタカート

インスタカート(Instacart)は、食料品の即日配達サービスを運営する米国の企業。消費者はウェブアプリケーションを通じて様々な小売業者が販売する食料品を選び、個人のショッパーによって配達される。2017年時点で、インスタカートは米国で同種の事業とサービスを行う唯一の企業である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%88

シップト

シップトは「パーソナルショッパー」と呼ばれる個人が、スーパーマーケット(SM)などで買い物を代行し、利用者の自宅に届けるサービスを展開しており、同様の事業ではインスタカート(Instacart)に次いで全米第2位。シップトに登録したパーソナルショッパーは2万人を超え、全米72の市場をサービス対象エリアとしている。

https://diamond-rm.net/flash_news/24269/

オンラインで食料品を注文したことのない人も続々とオンラインショップでの買い物に切り替えている証拠です。


オンラインストアでの日本食販売


Amazonやebay、Etsyなどでは日本のお菓子やお茶が高評価を得ており、当社でも米国への販売進出のご相談を多くいただいております。

https://unsplash.com/photos/t2kAfymBHGY

食料品の販売に際しては、FDAの登録や英語ラベル作成等が必要となります。

当社の「FDA・コンプライアンス支援」ではそれらの対応を経験豊富なスタッフがサポートさせていただきます。

この機会に米国進出を検討してみませんか?


アラウンド・ザ・ワールド株式会社
Around the World Trading Inc.

03-6868-5993 (海外デスク) | 03-5542-0411 (日本デスク)
info@aroundthe-world.net
https://www.aroundthe-world.net/