アメリカ・イギリス・ヨーロッパ各国の個人輸入・代行、海外通販を行う皆様のパートナー業務を行います。

  • TOP
  • イギリスの配達状況について

イギリスの配達状況について

https://unsplash.com/photos/q8kR_ie6WnI

皆さんこんにちは!

以前、アメリカの配達状況についてご紹介しましたが、今回はイギリスです。



違う点① 手渡しはしません。


これはコロナウイルス感染予防のための一時的な措置ですが、小包の場合、通常時は手渡しですが、現在は手渡しはしません。

配達ボックスがある場合など、あらかじめSafe Placeを指定しておけばそこに置いて行ってくれますし、なにも指定がない場合には玄関前にそのまま置かれていたりもします。

荷物を玄関前などに置いた後、配達人はノックしてから立ち去りますので、在宅であればそのまま荷物を受け取ることができます。

受取時に署名が必要な荷物の場合は、配達人は玄関前に荷物を置いた後、下がって受取人が出てくるのを待ちます。

受取人が出てきた場合、配達人が署名を代理で行い配達終了、出て来ない場合には持って帰ります。

イギリスでは基本的に、時間指定の再配達はありませんので、持って帰られてしまったら、身分証明書を持って自分で指定場所まで取りに行かなければなりません。



違う点② 商品だけがむき出しで届くこともあり!


これはいつものことですが、頑丈な化粧箱に入っている商品の場合、化粧箱にそのまま配送ラベルが貼られて届くことがあります。

これだとプレゼントにできないですよね。。。

箱に入っていない商品、例えばお米なども袋に直接ラベルが貼られて届いたりします。



違う点③ 荷物の扱い方


荷物の扱いは日本に比べて非常に雑です。

配達の車の中で動いてしまったり、投げられたり、重いものを上に積まれたり。。。

外箱がつぶれている、半分開いてしまっているなどは日常茶飯事で、中身が壊れていなければOK!という感じです。

Amazon FBA倉庫に送ったり、日本から直接エンドユーザーに送られる方も多いと思いますが、頑丈な箱を使ったり緩衝材を入れて中身に隙間がないようにすることを忘れないで下さいね!



アラウンド・ザ・ワールド株式会社
Around the World Trading Inc.

03-6868-5993 (海外デスク) | 03-5542-0411 (日本デスク)
info@aroundthe-world.net
https://www.aroundthe-world.net/