アメリカ・イギリス・ヨーロッパ各国の個人輸入・代行、海外通販を行う皆様のパートナー業務を行います。

  • TOP
  • [米国]まだまだ続く!食料品オンラインショップの需要増

[米国]まだまだ続く!食料品オンラインショップの需要増


米国ではここ数週間で小売店やレストランなど再オープンが進んでいますが、オンラインショップの需要はまだまだ高い状態にあります。

Brick Meets ClickとMercatusの発表によると、米国のオンライン食料品の売り上げは6月に過去最高の72億ドルに達し、5月に比べて9%増加しました。

4560万世帯が食料品の大部分をオンラインショップで行うようになったためです。

これは米国で最初にロックダウンが発表された2020年3月の40億ドルを大きく超えています。2019年8月時点では1,610万人のユーザー数で、売上高は合計12億ドルであったことを考えると、このたった1年で大きな変化ですね。



続々と始まる新サービス!


この消費者のニーズ変化に対して、各オンラインショップでは新たなサービスが追加され始めています。

例えばWalmartでは追加料金を払えば2時間で配達を行う「エクスプレス」のパイロットテストを開始しました。

Instacartは配信日のオプションを追加し、Amazon、Shiptなどでは増え続けるオンラインショップにこたえるため人材募集を続けています。



リピーター作りが困難に


しかし一方で、オンライン食料品のプロバイダーが増えたことにより、リピート率が減っているとのデータも出ています。2019年8月時点では74%のリピート率が、2020年6月では57%に。

オンラインショップでの買い物が不通となればなるほど、顧客に再度オーダーしてもらうための、”ファン作り”がますます重要になります。

オンラインショップでのファン作りのコツについて、別途おまとめしますね。



本文はコチラのページを参考にしています。

アラウンド・ザ・ワールド株式会社
Around the World Trading Inc.

03-6868-5993 (海外デスク) | 03-5542-0411 (日本デスク)
info@aroundthe-world.net
https://www.aroundthe-world.net/